エクオール産生菌

エクオール産生菌

みなさまこんにちは。

今回は腸のエクオール産生菌についてお話したいと思います。更年期障害の予防、緩和、美容効果、などのイソフラボンはご存じですよね。

女性ホルモンを補う為にサプリメントなどでイソフラボンをとっている方も結構いらっしゃるかと思います。でも実はイソフラボンは誰にでも効果があるわけではないのです。イソフラボンの効果の出る人は、イソフラボンを体内で「エクオール」という物質に変換出来る人なのです。


このエクオールは女性ホルモンのエストロゲンに構造が似ているので体内のエストロゲン受容体に結合する事ができます。


そしてそのエクオールを作れる人は、腸の中にエクオール産生菌のある人だけなのです。この菌が大豆イソフラボンをもとにエクオールを作り出します。

しかしエクオールを作れるのは日本人のおよそ43%ですが、これでも世界的にみて日本は多い方だと言われています。


ヨーロッパなどは20%~30%くらいです。なので30歳くらいでけっこうお肌が老化していくのですね。

日本では、
30歳前後の方で20%~30%、
70歳前後の方で70%、
関東56%、関西38% 
というデータが出ています。

今ではそれを調べるキッドなども販売していますので
一度調べてみても面白いですね!

ちなみに私は調べました。
菌は持っていたのですが、少なめでした。笑

菌を持っていない人はおからを食べましょう!
おからはダイレクトにエクオールのなるそうです。

いつまでも若々しくいるために

女性ホルモンは必要不可欠ですね☆